こんにちは。音速の馬券師です。

2023年2月19日(日曜)に開催されるフェブラリーステークスの過去データの枠順分析になります。枠順に注目し分析しました。枠順の有利不利の差が顕著なG1レースになります。外枠が走る根拠となるデータがここにあります。

過去データ分析の枠順分析スタートです!

 

 

 

PR.メルマガの案内

本ブログでは条件戦の予想にも力を入れております。その成績はこちら。

競馬で安定した的中を残すためには軸馬が本当に大事です。

音速の馬券師が提供する精度が高い軸馬「高連対馬スーパー」と「高連対馬」の成績は抜群です!!

<2023年の成績>
高連対馬スーパー
(30.14.9.14) 勝率44.8
%、連対率65.7%、複勝率79.1%

2/11.12成績
高連対馬(3.0.3.5)
高連対馬スーパー:(1.2.0.2)

高連対馬スーパーは無料メルマガと無料LINEで公開、高連対馬はブログの平場予想記事で公開しております。

 

無料LINEメルマガの登録はこちらから

無料メルマガの登録はこちらから



重賞有力情報の発信も無料メルマガで行っております。

メルマガは「onsoku@kousoku-keibayosou.com」から送付されます。迷惑メールに入らないように設定をお願い致します。
登録直後にリターンメールが届きます。数分待っても受信しない場合は迷惑メールに入っている可能性が高いです。
 

 

 

2023年上期の無料予想1位確定

まだ1カ月半しか経っていませんが、ほぼ確定でしょ!

「ファンファーレ」の無料予想が凄いんです。

気付くのが遅れたら損するとこでした。

皆さんも見たら、こりゃ1位確実だと思う、近1カ月の的中実績がこちらです。

────────────────────
これ全部タダで見れた買い目情報

<2月12日>
阪神9R:馬連6点5,000円→36,000円
阪神8R:三連複6点5,000円→40,500円
小倉7R:馬連5点6,000円→131,400円
東京3R:複勝1点20,000円→32,000円
東京3R:単勝1点10,000円→33,000円

<2月11日>
阪神6R:三連複10点3,000円→322,500円

阪神1R:馬連6点5,000円→43,500円

<2月5日>
瀬戸S:三連複15点2,000円→296,800円

<2月4日>
中京3R:単複各1点計30,000円→81,000円
東京1R:三連複15点2,000円→152,800円

<1月29日>
節分S:三連単40点700円→402,780円

<1月28日>
小倉3R:単複各1点計30,000円→156,000円

────────────────────
御覧の通り毎週10万円超えの配当が毎週的中しています。

「ファンファーレ」が他サイトと明らかに違う個所は3つ

  • 有力情報を集め勝負できるレースを選定する力があります。
  • そのレースに一番合う券種を選ぶ力があります。
  • 激走する馬を選ぶ力があります。

この3つ全てが揃わないと、このような成績は達成できません。

このように真剣な無料予想を提供する「ファンファーレ」に興味を持たれた方は無料登録されて下さい。
メアドだけの無料登録で10万馬券を的中してきた予想とフェブラリーステークスの予想が確認できます。

フェブラリーステークス予想は既に公開されています。
相手1番手も2番手も超穴馬です!!
これなら10万円狙える!

→無料登録はこちらからです。
土曜から注目です!

 

 

 

目次

枠順別成績

フェブラリーステークス

過去5年の枠順別成績になります。

1枠[0,0,0,9]

2枠[1,0,1,7]

3枠[1,1,1,7]

4枠[1,0,1,8]

5枠[0,1,1,8]

6枠[2,0,1,7]

7枠[0,1,0,9]

8枠[0,2,0,8]

1枠だけが馬券になっていません。3頭以上が馬券になっている3枠と6枠に注目ですね。

 

東京ダート1600m

東京ダート1600mはスタートが芝で途中からダートコースに変わるのですが、外枠の方がその芝コースを長く走れるため外枠有利というのが定説です。
実際にそうなのか過去3年間(2021年-2019年)の東京ダート1600mの枠順別成績を調べました。

1枠:複勝率16.5%、複勝回収率59.5%

2枠:複勝率19.5%、複勝回収率55.6%

3枠:複勝率19.0%、複勝回収率56.9%

4枠:複勝率18.4%、複勝回収率67.4%

5枠:複勝率18.8%、複勝回収率63.8%

6枠:複勝率24.2%、複勝回収率82.9%

7枠:複勝率20.7%、複勝回収率68.5%

8枠:複勝率24.4%、複勝回収率89.3%

外枠が圧倒的に強いです。特に複勝率も回収率も高い8枠が強いです。定説は本当でした。

やはり1枠は1番悪い結果になっており、

これはフェブラリーステークスの過去5年の枠番別成績とも一致しますね。

東京ダート1600mは1枠は買うな。

 

 

人気別の成績

過去5年の人気別の枠順別成績になります。

1-5番人気の成績

1枠[0,0,0,2] 複勝率0.0%

2枠[1,0,0,0] 複勝率50.0%

3枠[1,1,0,3] 複勝率40.0%

4枠[1,0,0,1] 複勝率50.0%

5枠[0,0,1,2] 複勝率33.3%

6枠[2,0,1,1] 複勝率75.0%

7枠[0,1,0,2] 複勝率33.3%

8枠[0,1,0,3] 複勝率25.0%

 

人気馬でも1枠では人気馬でも馬券になりません。

2,4,6枠の成績が良いです。

東京1600mデータも一致する6枠が最有力枠といえます。

2番手評価として2,4枠とします。

G1になるとスタート芝よりも距離ロスの方が響くのか、8枠の成績がよくありませんね。

 

 

6番人気以下の成績

1枠[0,0,0,7]

2枠[0,0,1,6]

3枠[0,0,1,4] 

4枠[0,0,1,7]

5枠[0,1,0,6]

6枠[0,0,0,6]

7枠[0,0,0,7]

8枠[0,1,0,5]

明確な特徴がないですね。穴馬は枠以外のデータから選ぶべきです。

 

 

枠順確定

フェブラリーステークス2023の枠順が確定しました。

枠番 馬番 馬名 騎手

1 1 ジャスパープリンス 田中 勝春
1 2 シャールズスパイト J.モレイラ

2 3 ケンシンコウ T.バシュロ
2 4 ドライスタウト 戸崎 圭太

3 5 オーヴェルニュ 福永 祐一
3 6 メイショウハリオ 浜中 俊

4 7 レモンポップ 坂井 瑠星
4 8 アドマイヤルプス 内田 博幸

5 9 ショウナンナデシコ 横山 武史
5 10 テイエムサウスダン C.ルメール

6 11 ソリストサンダー 菅原 明良
6 12 セキフウ M.デムーロ

7 13 スピーディキック 御神本 訓史
7 14 ヘリオス 武 豊

8 15 レッドルゼル 川田 将雅
8 16 ケイアイターコイズ 横山 和生

馬券にならない1枠にはシャールズスパイトが入りました。 海外で好成績を収めている外国馬で穴人気してますが切で決定です。

人気馬が入ると最高の6枠には人気馬が入りませんでした。

次に人気馬が走る4枠にレモンポップが入ったので枠的な軸はこれです。

 

軸馬と穴馬

まずはレモンポップが軸にはできない理由を書きます。

データ面からいうと前走根岸ステークス組で馬券になった馬は根岸ステークスで3着内でしかも上りタイムが4位以内でした。

過去10年で根岸組で馬券になった8頭全頭が満たしています。

モーニンは3番手追走から上り3位で、位置取りなどの例外はありません。

レモンポップは1着でしたが上りタイムは5位でした。

過去データ的に不安がある上に、皆さんも思っている騎手替わりと距離延長、取り分け前走の疲労が抜けているのか??という問題も抱えています。

馬券に絶対にならないとは言えませんが軸には不向きなことは断言できます。

 

となると通常はベタ買いでも複勝率41.7%複勝回収率121・7%であるチャンピオンズカップ組になるのですが、今年は出走馬がいません。。。

 

例年通りでは通用しないと判断し、穴馬目線の分析で軸馬を探ってみました。

6番人気以下の全頭成績は(0.2.3.43)で複勝率9.4%、複勝回収率70.9%になっております。

複勝率、複勝回収率を高め軸馬に昇華させる条件があります。

  • 今走が1枠ではなく****
  • 前走か前々走が1600m以下のダートレース
  • 近2走で******

この3つの条件を満たした馬の成績は(0.2.3.3)複勝率62.5%、複勝回収率450%になっております。

特筆すべきは穴馬全頭が満たしております。16番人気で2着になったケイティブレイブもこの条件を満たしていました。

今年、この条件を満たした馬はたったの2頭でした。

この2頭(穴馬含む)を軸で勝負します!

 

この該当馬2頭「競馬ラボ」無料コンテンツである「馬体FOCUS」で紹介されている馬と一致しました。

軸馬1頭目は「6番目に紹介されている」馬になります。

軸馬2頭目は「9番目に紹介されている」馬になります。

ちなみに10頭目に紹介されている馬がレモンポップになります。

もちろん登録後すぐに閲覧できます!

 

今年のフェブラリーステークスの上位人気馬は不安を持った馬ばかりですよね。
こういう時は人気薄から勝負するのがセオリーです。

この2頭の軸馬の片方は穴馬です。
仮にレモンポップが来たとしても万馬券を狙えます。

⇒競馬ラボの無料情報を読む方はこちらから(無料)。

メアドを入力して返信されてくるURLからログインすると、すぐに閲覧できます。

登録1分で、フェブラリーステークスのキモとなる穴馬と軸馬が分かります。

 

 

枠順の有利不利 まとめ

フェブラリーステークス2023の枠順の有利不利についてまとめました。

  • 6枠の成績が圧倒的に良い。
  • 次に良いのは4枠
  • 1枠は馬券にならない。

 

以上。フェブラリーステークス2023の過去データ分析の枠順分析でした。

また無料予想が連勝
共同通信杯クイーンC→計8万7千円
さすが外れにくい無料予想~
的中率高いのでここは必見です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎無料予想:共同通信杯
馬連 19.4倍×1,000円
三連複24.8倍×1,000円
【獲得額】44,200円

◎無料予想:クイーンC
馬単 43.3倍×1,000円
【獲得額】43,300円
───────────────────

───────────────────

1月もよく当たりました!
・1/28 中京7R   21,000円
・1/22 AJCC   39,500円
・1/21 東雲賞    28,100円
・1/14 愛知杯    116,200円
・1/08 シンザン記念 37,500円
・1/07 すばるS   20,300円
・1/05 中山金杯   63,200円
━━━━━━━━━━━━━━
外すことが少ないので、丸乗りするかどうかはともかく買い目は必ずチェック必要です。

→無料登録して買い目を確認する
レース当日公開の買い目予想をフェブラリーS・小倉大賞典もチェックです!