1番人気は馬券になるのか?

大事なのが1番人気が馬券になるかどうかですね。

1番人気の過去10年間の成績とオッズになります。

馬名 オッズ 着順
19 サートゥルナーリア 1.7 1
18 ワグネリアン 3.8 7
17 ファンディーナ 2.4 7
16 サトノダイヤモンド 2.7 3
15 サトノクラウン 3.1 6
14 トゥザワールド 3.5 2
13 ロゴタイプ 3.7 1
12 グランデッツァ 3.1 5
11 サダムパテック 2.5 2
10 ヴィクトワールピサ 2.3 1

1番人気の信頼性は低いです。

過去10年で6回馬券になっています。

馬券になった全ての1番人気馬が満たしていた条件をみつけました。

1番人気が馬券になる条件は以下になります。

  • 前走重賞で1番人気&1着(弥生賞を除く)
  • 弥生賞1着&弥生賞の前走で1番人気

これを満たす馬が馬券になっています。

1番人気が予想されるコントレイルは前走重賞で1番人気で1着でしたので馬券になれます。

 

 

勝つための条件

9年連続でこの条件を満たした馬しか勝利していない条件になります。その条件は2つです。

  • 前走が1800mの重賞
  • 前走2着以内

この2つの条件を満たしていない馬しか過去8年勝利していません。

しかしながら、この条件に合致する馬も沢山おり過去9年の成績は(8.1.3.19)です。もちろん100%勝つ条件もあります。

 

100%勝利する条件は以下になります。

  • 共同通信杯で2着以内&1番人気&4角2番手以降
  • 毎日杯で1着&2番人気以内
  • スプリングステークスで1着&4角2番手以内
  • ホープフルステークスで1着&1番人気&2着に0.2秒差以上

この条件を満たす馬の成績は(6.0.0.0)になります。

今年の該当馬はコントレイルです。3連単の頭はこれで決まり。後はブログで紹介した馬券になる条件を満たした馬に流すだけです。

 

皐月賞は正逆7,18が、3着以内。7回連続出現中!!

2013年 皐月賞(18頭)
1着.07 – 12→ 正7
2着.14 – 05
3着.12 – 07→ 逆7

2014年 皐月賞(18頭)
1着.02 – 17
2着.17 – 02
3着.18 – 01→ 正18

2015年 皐月賞(15頭)
1着.02 – 14
2着.05 – 11
3着.07 – 09→ 正7

2016年 皐月賞(18頭)
1着.18 – 01→ 正18
2着.03 – 16
3着.11 – 08

2017年 皐月賞(18頭)
1着.11 – 08
2着.07 – 12→ 正7
3着.10 – 09

2018年 皐月賞(16頭)
1着.07 – 10→ 正7
2着.14 – 03
3着.10 – 07→ 逆7

2019年 皐月賞(18頭)
1着.12 – 07→ 逆7
2着.07 – 12→正7
3着.04 – 15

2020年 皐月賞(18頭)
正7:⑦
逆7:⑫

正18:⑱
逆18:①

 

 

枠順まとめ

枠順成績のまとめになります。

  • 4枠枠が絶好枠。特に人気馬が入った場合は積極的に狙うべし。
  • 2枠6枠は5番人気以内の馬が入ると狙うべし。
  • 1枠7枠8枠に入った人気馬は嫌うべし。
  • 人気薄は1-3枠は切り、4枠より外を狙うべし

 

枠順確定

皐月賞2020の枠順が確定しました。

枠番 馬番   馬名  騎手

1 1 コントレイル 福永
1 2 レクセランス 北村友

2 3 コルテジア 松山
2 4 テンピン 中井

3 5 サトノフラッグ ルメー
3 6 ディープボンド 横山典

4 7 サリオス レーン
4 8 ウインカーネリアン 田辺

5 9 ブラックホール 石川
5 10 アメリカンシード 丸山

6 11 クリスタルブラック 吉田豊
6 12 マイラプソディ 武豊

7 13 ダーリントンホール Mデム
7 14 キメラヴェリテ 藤岡康
7 15 ラインベック 岩田康

8 16 ガロアクリーク ヒュー
8 17 ヴェルトライゼンデ 池添
8 18 ビターエンダー 津村

 

まずは最悪の1枠に入ったコントレイルです。昨年の1番人気アドマイヤマーズを始め、ワグネリアン、スワーヴリチャードと数々の馬を沈めてきた1枠です。

対照的に最高の4枠にサリオスが入りました。軸にするならこちらですね。

外枠に入った人気馬も馬券にならないので、⑬⑰は切りです。 ⑤⑪は過去データとあえば2列目、そうでなければ3列目ですね。

あとは過去データを満たした4枠より外の穴馬をかうだけです。今年は⑯⑱です。