1番人気は馬券になるのか?

大事なのが1番人気が馬券になるかどうかですね。

1番人気の過去10年間の成績とオッズになります。

馬名 オッズ 着順
18 ダノンプレミアム 2.1 6
17 アドミラブル 3.4 3
16 ディーマジェスティ 3.5 3
15 ドゥラメンテ 1.9 1
14 イスラボニータ 2.7 2
13 キズナ 2.9 1
12 ワールドエース 2.5 4
11 オルフェーヴル 3 1
10 ヴィクトワールピサ 2.1 3
9 アンライバルド 2.1 12

1番人気の信頼性は高いです。

過去10年で7回馬券になっています。

1番人気が馬券になる条件は以下になります。

  • 前走皐月賞で1着&皐月賞まで3着以下が無い馬
  • 前走皐月賞で1着&皐月賞で0.3秒以上の着差で勝った馬
  • 9週以内の重賞で1着の馬

このいずれかを満たす馬は100%馬券になっています。

今年1番人気になりそうな、サートゥルナーリアは皐月賞まで無敗なので条件を満たし馬券になります。

 

 

人気別の枠番成績

1~5番人気の馬の枠番別成績になります。

1枠[1,1,1,1]

2枠[1,1,0,0]

3枠[0,0,0,3]

4枠[0,1,0,3]

5枠[0,0,0,1]

6枠[1,1,1,1]

7枠[1,1,0,1]

8枠[1,0,1,2]

5番人気以内の馬が1,2枠に入った時の複勝率は驚異の83.3%です!
逆らわずに該当した馬は全頭買うしかありません。

 

6番人気以下の馬の枠番別成績になります。

1枠[0,0,0,6]

2枠[0,0,1,7]

3枠[0,0,0,7]

4枠[0,0,1,4]

5枠[0,0,0,9]

6枠[0,0,0,6]

7枠[0,0,0,12]

8枠[0,0,0,11]

この結果凄いですね。人気薄は4枠から内しか馬券になっていません!
5枠より外の人気薄は全部消しです。

 

血統:日本ダービーとオークスの関係

日本ダービーとオークスは同じ東京2400m開催でしかも時期も全く同じです。年齢も同じ3歳制限ですので、似通った血統構造の馬が走るのではと思い調べてみました。

2014年 オークス        2014年 日本ダービー
1着:ハーツクライ×ダンチヒ ⇒ 1着:ハーツクライ×ダンチヒ
2着:ディープインパクト
3着:ゼンノロブロイ

 

2015年 オークス           2015年 日本ダービー
1着:ディープインパクト×ミスプロ ⇒ 2着:ハーツクライ×ダンチヒ
2着:マンハッタンカフェ
3着:ディープインパクト

 

2016年 オークス                2016年 日本ダービー
1着:ディープ×サドラーズウェルズ&ヘイロー ⇒ 1着:ディープ×ヘイロー
2着:キングカメハメハ               2着:ディープ×ヘイロー
3着:ディープインパクト              3着:ディープ×サドラーズウェルズ

 

2017年 オークス           2017年 日本ダービー
1着:フランケル
2着:ハービンジャー
3着:ハーツクライ×ネバーベンド ⇒ 2着:ハーツクライ×ネバーベンド

 

2018年 オークス           2018年 日本ダービー
1着:ロードカナロア
2着:ルーラーシップ
3着:オルフェーブル×フォーティナイナー ⇒ 2着:オルフェーブル×フォーティナイナー

 

オークス1-3着馬と同じ血統構造を持つ馬が必ず日本ダービーで馬券になっていることが分かりました。

今年のオークスの結果
1着:ディープインパクト×ストームバード&ミスプロ
2着:ディープインパクト×ミスプロ
3着:バゴ×フレンチデピュティ&サンデーサイレンス

 

これと同じ血統構造を持つ馬は

カフジジュピター:ディープ×ミスプロ
ダノンチェイサー:ディープ×ミスプロ

になります。人気薄ばかりですので、積極的に狙いたいですね!!

 

前走皐月賞組

最多11頭の3着内馬を輩出しています。過去5年で5勝もの勝ち馬を輩出し,5年連続で前走皐月賞組が2頭以上馬券になっている最需要な前走レースです。つまり皐月賞組しかほぼ馬券にならないのが今の日本ダービーなのです。全頭成績は(5.4.2.30)です。

皐月賞で負け過ぎた馬には厳しいデータがでています。では買い条件を見ていきましょう。

 

条件は4つあります。該当する条件が多いほど馬券になりやすいです。特に条件1を満たさずに馬券になった馬は1頭もいませんので必須条件です。

 

皐月賞組が馬券になる絶対条件1.  5着以内か5番人気以内&勝ち馬から0.7秒差以内
1着馬の成績は(5.4.2.14)です。これに該当しなかった馬は1頭も馬券になっていません。皐月賞で結果もしくは支持を集めていた馬でないと馬券にはなれません。

皐月賞組が馬券になる絶対条件2.  前々走が重賞で2着以内
これを満たす馬の成績は(5.4.2.18)です。これに該当しなかった馬は1頭も馬券になっていません。皐月賞の以前から強い結果をだしていること、つまり完成度が高いということでしょう。

 

この2つの条件を満たし今年馬券になる資格がある馬はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの2頭だけです。

ヴェロックスは前々走が重賞ではなくオープン特別なので条件を満たせませんでした。

次にさらに馬券になる確率が高い条件を列挙していきます。

 

皐月賞1着馬が馬券になる条件.  2着馬に0.1秒以上の着差もしくは上り1位
1着馬の成績は(1.2.1.1)と抜群です。馬券にならなかった唯一の馬は着差0.0秒で、上りも4位でした。 今年の1着馬サートゥルナーリアは上り1位ですので馬券になれます。しかし着差は0.0秒差でしたので、本当に馬券になるのか疑問も残ります。

 

皐月賞1番人気が馬券になる条件.  全頭買い
1番人気の成績も(1.1.1.1)と抜群です。全頭が皐月賞で負けていますは、広い東京コースできっちり能力を出し切り結果をだします。今年の1番人気馬は、これまたサートゥルナーリアで馬券になれます。

 

皐月賞で2着以下馬が馬券になる条件. 6着以内&5番人気以内&着差0.4秒以内を同時に満たす馬
これを満たす馬の成績は(4.3.0.3)です。複勝率70%と抜群です。

これに該当していた馬はサートゥルナーリア、ダノンキングリー、ヴェロックスになります。

 

条件6. 日本ダービーでの人気が3番人気以内
皐月賞組で馬券になった全11頭が日本ダービーで5番人気以内でした。穴馬は輩出しません。4,5番人気で馬券になった馬は1頭づつで、9頭は3番人気であることからも穴馬を輩出しないことが分かると思います。

これに該当していた馬はサートゥルナーリア、ダノンキングリー、ヴェロックスになります。

 

複数の条件に合致する馬はサートゥルナーリアとダノンキングリーです。ヴェロックスは前々走が非重賞ということ以外は条件を満たしています。

この3頭で日本ダービーも決まりそうですね。

 

正逆 サイン

特定レース名や牝馬限定レース、開催場所などの色々なくくりにおいて、最内枠と最外枠から数えて同じ馬番が連続して3着以内にくることがあります。これを正逆数字といい、ここではそれを紹介致します。例えば6頭立てで正逆2番だと、②と⑤になります。日本ダービーでも1つの正逆数字あるので紹介します。軸に迷った時、あっという穴馬をお探しなら理論や過去データなどの理屈じゃないサインを信じるのも1つの手です。

 

日本ダービーは正逆2,19が、3着以内。6回連続出現中!!

 

2018年日本ダービー(18頭)
正値-逆値
1着.17 – 2→逆2
2着.12 – 7
3着.7 – 12

2017年日本ダービー(18頭)
正値-逆値
1着.12 – 7
2着.4 – 15
3着.18 – 1→逆19

2016年日本ダービー(18頭)
正値-逆値
1着.3 – 16
2着.8 – 11
3着.1 – 18→正19

2015年日本ダービー(18頭)
正値-逆値
1着.14 – 5
2着.1 – 18→正19
3着.11 – 8

2014年日本ダービー(17頭)
正値-逆値
1着.2 – 16→正2→正19
2着.13 – 5
3着.3 – 15

2013年日本ダービー(18頭)
正値-逆値
1着.1 – 18→正19
2着.9 – 10
3着.3 – 16

2019年 日本ダービー(18頭)
正2:②
逆2:⑰

正19:①
逆19:⑱