天皇賞春

どうなの1番人気?

大事なのが1番人気が馬券になるかどうかですね。

1番人気の過去10年間の成績とオッズになります。

馬名 オッズ 着順
17 キタサンブラック 2.2 1
16 ゴールドアクター 3.8 12
15 キズナ 3.3 7
14 キズナ 1.7 4
13 ゴールドシップ 1.3 5
12 オルフェーヴル 1.3 11
10 フォゲッタブル 2.6 6
11 トゥザグローリー 3.1 13
9 アサクサキングス 3.5 9
8 アサクサキングス 3.6 3

過去10年で2回馬券になっています

1番人気の信頼性は極低です。

1番人気が馬券になる条件以下になります。

  • 前走が大阪杯で菊花賞の勝ち馬

これを満たした馬しかここ10年では馬券になっていません。少しでも、順調さを欠いた1番人気は馬券になっていません。

シュヴァルグランは天皇賞春では過去2回連続で馬券になっています。どちらも前哨戦は阪神大賞典でした。なのに、なぜ今年は大阪杯だったのでしょうか?? こういうことがある1番人気は馬券にならない。

1番人気が予想されるシュヴァルグランはこの条件を満たさないので馬券になりません。

 

前走分析

過去5年で馬券になった馬の前走の一覧になります。

13年 1着 日経賞  2人気
13年 2着 京都記念  3人気
13年 3着 ドバイWC  6人気

14年 1着 日経賞  4人気
14年 2着 日経賞  3人気
14年 3着 日経賞  12人気

15年 1着 阪神大賞典  2人気
15年 2着 ダイヤモンドS 7人気
15年 3着 阪神大賞典  10人気

16年 1着 大阪杯  2人気
16年 2着 阪神大賞典  13人気
16年 3着 阪神大賞典  3人気

17年 1着 大阪杯  1人気
17年 2着 阪神大賞典  4人気
17年 3着 阪神大賞典  2人気

 

休み明けは1頭もきていません。やはり、前哨戦を使って調子を整えることははかなり大事ななんですね。

馬券になる前走は阪神大賞典組と日経賞組と大阪杯と言ってもいいぐらい成績が良いですね。大阪杯組は人気上位馬しか馬券になっていめせん。それに対し阪神大賞典、日経賞組は6番人気以下で激走していますので、阪神大賞典組、日経賞組の分析が高配当を得るために大事なのが分かりますね。

今年はドバイWC、京都記念、ダイヤモンドS組に有力馬がいませんので、3着内に来る資格がある前走は、「阪神大賞典」「日経賞」「大阪杯」になります。

それぞれのレースについてさらに調べてみました。

 

大阪杯

大阪杯をステップレースにした馬の全頭成績は(2.0.0.4)になります。近2年連続で勝ち馬を輩出しているレースですから大注目のステップレースです。馬券になるための条件はこちらです。

2着以内&4角3番手以内

これを満たした馬の成績は(2.0.0.0)です。2勝したのはどちらもキタサンブラックですが、先行した馬しか馬券になっていないのは事実です。15年、14年キズナがこのレースをステップレースにして天皇賞春に挑みましたがどちらも大敗でした。シュヴァルグランも前走は叩きだったとか、長距離で一変とか色々な意見がありますが、大阪杯大敗から天皇賞春で巻き返した馬もいません。

今年出走予定で条件を満たしている馬はいません。

今年出走予定で条件を満たしていない馬はシホウ、シュヴァルグラン、スマートレイアー、ヤマカツライデンになります。

 

 

日経賞

日経賞をステップレースにした馬の全頭成績は(2.1.1.26)になります。最近は阪神大賞典組に押され馬券になった馬は輩出できていません。馬券になるための条件はこちらです。

2着以内もしくは2番人気以内

これを満たした馬の成績は(2.1.1.7)です。結果を残した馬か、前評判が高かった馬のどちらかしか馬券になっていません。日経賞から穴馬を出すパターンは人気薄で馬券になったことを評価されず、天皇賞春で低人気で激走し穴を開けるパターンです。2014年には、日経賞を10番人気で2着に激走したホッコーブレーヴが天皇賞春でも12番人気で3着に入りました。ホッコーブレーヴは条件戦を勝ち上がり初の重賞連対が日経賞で、チェスナットコートも似たようなローテーションですので激走が期待できます。

今年出走予定で条件を満たしている馬はガンコ、チェスナットコート、トーセンバジルになります。

今年出走予定で条件を満たしていない馬はソールインパクトになります。

特に前走先行し2着以内に来た馬の成績はよく、今年の出走馬ではガンコだけが該当します。

チェスナットコートはホッコーブレーヴと同じパータンなので激走が期待できます。

 

阪神大賞典

阪神大賞典をステップレースにした馬の全頭成績は(1.2.3.21)になります。穴馬から人気馬まで、近3年では毎年2頭以上が馬券になっている超重要ステップレースです。馬券になるための条件はこちらです。

4角5番手以内&6番人気以内を満たす馬

これを満たした馬の成績は(1.2.3.17)です。去年はこの条件に該当する馬がいなかったため穴馬の激走はなく配当低い年になりました。今年は該当馬がいますので、やはり荒れる年になります。

今年出走予定で条件を満たしている馬はカレンミロティック、クリンチャー、サトノクロニクル、レインボーラインになります。

今年出走予定で条件を満たしていない馬はアルバート、シホウ、トミケンスラーヴァになります。

 

**賞と名の付くG1は正逆12,42が、3着以内。11回連続出現中!!

2016年 秋華賞(18頭)
1着.07 – 12→ 逆12
2着.03 – 16
3着.15 – 04

2016年 菊花賞(18頭)
1着.03 – 16
2着.11 – 08
3着.13 – 06→ 逆42

2016年 天皇賞(秋)(15頭)
1着.08 – 08
2着.12 – 04→ 正12. 正42
3着.14 – 02

2017年 桜花賞(18頭)
1着.10 – 09
2着.06 – 13→ 正42
3着.14 – 05

2017年 皐月賞(18頭)
1着.11 – 08
2着.07 – 12→ 逆12
3着.10 – 09

2017年 天皇賞(春)(17頭)
1着.03 – 15
2着.06 – 12→ 逆12
3着.15 – 03

2017年 秋華賞(18頭)
1着.14 – 05
2着.07 – 12→ 逆12
3着.04 – 15

2017年 菊花賞(18頭)
1着.13 – 06→ 逆42
2着.04 – 15
3着.14 – 05

2017年 天皇賞秋(18頭)
1着.07 – 12→ 逆12
2着.02 – 17
3着.08 – 11

2018年 桜花賞(18頭)
1着.13 – 06→.逆42
2着.01 – 18
3着.09 – 10

2018年 皐月賞(16頭)
1着.07 – 10→ 逆42
2着.14 – 03
3着.10 – 07→ 正42

2018年 天皇賞春(17頭)
正12:⑫
逆12:⑥

正42:⑧
逆42:⑩