こんにちは。音速の馬券師です。

2018年1月28日(日曜)に開催されるシルクロードステークスの予想になります。過去データから絶対に馬券になる軸馬を選び、高配当はオッズパターンで狙います。

それでは予想スタートです!

 

PR.メルマガの案内

本ブログでは条件戦の予想にも力を入れております。その成績はこちら。
特に精度が高い軸馬「高連対馬スーパー」は抜群で先週の軸馬成績は(3.2.0.0)の成績でした。

近12週間の成績は(50.18.5.16).勝率56.2%複勝率82.0%です!

27日土曜日の成績は(5.3.0.2)という成績でした。
高連対馬スーパーを軸に馬連をかえば10レース中8レースも的中。3連単だって、10レース中5レース的中になりますね。しかも馬券にならなかった2頭はどちらも差のない4着。

駄目な週がありません。
確実な鉄板軸馬をお探しであれば、任せてください。

精度が高い軸馬スーパーとレース予想の1部はメールマガジンでの配信になります。
軸馬以外にも有力な馬券になる情報を配信していきますで、ぜひ登録下さい!

※メールアドレス だけで登録できます。

 

1月28日は平場レース予想を行います。

厳選したレースの予想提供になります!
2017年12月28日の有料予想では1日で3連単102,230円、72,690円を始め、複数の的中を提供致しました。

1月7日8日のレースでは京都ダート予想が好調で馬単、3連単で11,230円超えの配当を数本、推奨した馬5頭のBOXでは3連単197,370円の配当もでました。その後も複数の万馬券を的中させてきました。

 

1月27日は予想公開を休ませて頂き、26日夜にはこれまでのデータ分析を集中して行い、土曜のレースで確認と調整を行わせて頂きました。

土曜と日曜で馬場はほとんど変わらないと思います。ダート予想がメインになりますが、東京であれば不良が重まで回復する程度だと考えられます。

土曜と日曜が同じ傾向になるということは、土曜に磨きをかけた予想方法で、ばんばん有力馬を紹介できるということです。

複勝率7割を超える軸馬、複勝回収率150%を超える穴馬と予想オッズを利用した予想を公開致します。

⇒1月28日のレース予想公開の詳細はこちらです。

東京/京都ダートで土曜競馬12レース中11レースを的中させた3つの予想方法、【推奨5頭】【S馬】【PV馬】とは?

 

 

PR.無料で買い目提供 3連複・3連単1点馬券

――――――――――――――――――――――――
【!】先週の東海Sは1万4690円的中【!】
シルクロードS(G3)
【万券必至の3連複・3連単1点馬券】
――――――――――――――――――――――――

《過去5年の3連単平均配当は7万9390円》

セイウン?ダイアナ?

それで本当に大丈夫?

今年も波乱必至の一戦で一撃大回収を狙え!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

シルクロードS大きく狙えるのはこの3頭!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
========================
2018年も
当たりまくっています!
========================
1回中京2日目2R
6万9320円的中
———————-
1回京都2日目2R
4万0180円的中
———————-
1回中山2日目4R
2万6630円的中
———————-
1回中山5日目1R
2万6580円的中
———————-
1回中京1日目7R
2万3630円的中
———————-
1回中山6日目12R
2万2060円的中!
———————-
1回中山1日目8R
2万1720円的中
———————-
1回京都4日目4R
2万0490円的中
———————-
1回中京3日目7R
1万9280円的中!
———————-
1回京都6日目4R
1万6670円的中!
———————-
1回中山6日目10R
1万4640円的中!
———————-
1中山1日目4R
1万6560円的中
———————-
1京都1日目3R
1万5300円的中その他的中多数!
■■■■■■■■■■
【シルクロードS】
万券必至の1点馬券

■■■■■■■■■■

 

人気の組み合わせと1番人気

過去10年の人気組み合わせ

シルクロードステークスの過去10年の人気組み合わせは以下の通りになっています。

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気の馬が3着以内に来た頭数
z3:7~9番人気の馬が3着以内に来た頭数
z4:10~18番人気の馬が3着以内に来た頭数

開催年 z1 z2 z3 z4 3連複
配当
2017 1 1 1 0 7,860
2016 1 1 0 1 46,300
2015 2 0 0 1 21,400
2014 2 0 0 1 8,870
2013 1 1 0 1 17,920
2012 2 0 0 1 28,960
2011 1 1 0 1 29,100
2010 1 2 0 0 9,680
2009 0 2 1 0 14,690
2008 1 1 0 1 94,650

無茶苦茶荒れてます。Z1が2頭のときはきっちりZ4から1頭きて荒れる。人気馬同士の組み合わせの馬券はいりませんね。

今年はどーなるのか、気になる人気組み合わせの狙い目に移りましょう。

 

荒れてはいますがパターンは3つに分かれています。

1-1-0-1パターンと2-0-0-1パターンと1-1-1-0パターンの3つで、10年の内8年をカバーできます。

 

シルクロードステークス2018の人気組み合わせは

Z1-Z2-Z3-Z4:

1-1-0-1パターンと2-0-0-1パターンと1-1-1-0パターン

となります!

 

どうなの1番人気?

1番人気の過去10年間の成績とオッズになります。

馬名 オッズ 着順
17 ネロ 3 11
16 ビッグアーサー 2.1 5
15 エイシンブルズアイ 3.9 9
14 レディオブオペラ 1.6 2
13 アイラブリリ 5.2 15
12 ロードカナロア 1.4 1
11 ジョーカプチーノ 2.2 1
10 エイシンタイガー 4.3 8
9 スプリングソング 4.9 14
8 アストンマーチャン 2.5 10

過去10年で3回馬券になっています

単勝オッズ2倍を切るような馬は馬券になりますが、それ以外は注意が必要です。

1番人気の信頼性はかなり低いです。

今年の1番人気は2倍を切ることはないのでかなり怪しいです。

 

前走

過去5年のデータを対象に分析しています。

驚くことにシルクロードステークスで馬券になった馬の前走レースは、たったの5つのレースしかありません。クラシックレースみたいに前哨戦が決まっているレースであればこういうこともありますが、通常の重賞でたったの5つのレースというのは異例です。
その5つのレースとは

  • 尾張ステークス
  • スプリンターズステークス
  • 淀短距離ステークス
  • 阪神カップ
  • ラピスラズリステークス

になります。

それぞれのレースでシルクロードステークスで馬券になる条件を調べました。今年出走馬がいない尾張ステークスと阪神カップの分析は除外します。

 

スプリンターズステークス

全頭成績は(1.1.0.3)になります。複勝率が40%もあり、単回収率、複勝回収率も100%を超えています。馬券になる条件は。

3着以内もしくは6番人気以内を満たす馬
これを満たす馬の成績は(1.1.0.2)になります。近4年では馬券になっていません。

これを満たす今年の出走馬はダイアナヘイロー、ファインニードルになります。

満たさない今年の出走馬はラインミーティアになります。

 

淀短距離ステークス

全頭成績は(1.4.3.14)になります。馬券になった馬を一番輩出しているレースです。

馬券になる条件メルマガでの配信(無料)になります。
>>メルマガの登録はこちらから
※メールアドレス だけで簡単に登録できます。

この条件を満たす馬の成績は(1.4.3.2)、複勝率80%になります。

 

 

前走オープン特別(ラピスラズリステークス)

今年はラピスラズリステークスからの出走馬はいませんが、同様の前走オープン特別出走組は沢山います。ラピスラズリステークスで馬券になった馬の成績を参考に馬券になる条件を決めたいと思います。

3着以内&3番人気以内を満たす馬
これを満たす馬が馬券になっていました。

 

 

同じレースから2頭が馬券

このレースでは過去5年全てにおいて、同じ前レースから2頭が馬券になっています。

2013年:1,2着がスプリンターズステークス組

2014年:1,3着が尾張ステークス組

2015年:1,2着が淀短距離ステークス

2016年:2,3着が淀短距離ステークス

2017年:2,3着が淀短距離ステークス

 

近3年では淀短距離ステークス組から2頭馬券になっています。

今年の出走メンバーを見ると

  • 淀短距離ステークス組が4頭
  • スプリンターズステークス組が3頭
  • カーバンクルステークス組が4頭

これらのレースからまとめて馬券になる馬が輩出されそうですね。

 

 

枠番成績

過去5年間の枠番別の成績になります。

1枠[2,2,0,5]

2枠[2,0,0,7]

3枠[0,0,1,8]

4枠[0,1,2,7]

5枠[1,0,0,9]

6枠[0,0,1,9]

7枠[0,1,0,9]

8枠[0,1,1,9]

1枠の成績が非常に良いです。勝馬は1,2枠からしかほぼでませんので3連単を狙う方は内枠重視で1着固定狙ってください。

 

 

サイン

馬番連動サイン 5回連続出現中!

◎去年のローズステークス3着までの馬番が3着内に連動。5回連続出現中!!

ローズS         シルクロード

12年:6-7-8   13年:4-16-8

13年:1-15-2   14年:2-1-6

14年:6-3-16   15年:3-2-15

15年:15-8-13          16年:1-8-7

16年:7-1-3           17年:7-11-9

17年:14-16-6

 

2018年 6番か14番か16番

6番:セカンドテーブル
14番:ミッキーラブソング
16番:ラインミーティア

予想

これまでの過去データのまとめです。

過去データを満たしている

①ファインニードル
⑧ダイアナヘイロー
⑮ナックビーナス

この3頭が全部飛ぶなんてことは考えられません。

問題は毎年大荒れのこのレースの馬券をどうのようにして的中にもっていくかになります。

こういう荒れるの約束されたレースではオッズパターンを利用して馬券を買うのがベストです。人気馬同士の意味ない馬券を買うことがなくなります。

シルクロードステークスのオッズパターンは

Z1-Z2-Z3-Z4:

1-1-0-1パターンと2-0-0-1パターンと1-1-1-0パターン

でしたので、これにあわせて馬券を買います。

各ゾーンの馬を選びます。

 

Z1(1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数)

②アレスバローズ
⑧ダイアナヘイロー
⑬カラクレナイ

過去データを満たしている⑧ダイアナヘイローでこのゾーンは決まりです。 2頭を選ぶ場合は⑧を軸に②と⑬に流します。

 

Z2(4~6番人気の馬が3着以内に来た頭数)

①ファインニードル
⑮ナックビーナス
⑦セイウンコウセイ

過去データを満たしている①ファインニードルと⑮ナックビーナスで決まりです。

 

Z3(7~9番人気の馬が3着以内に来た頭数)

⑰ロードクエスト
⑤アットザシーサイド
⑩ニシケンモノノフ

過去データの前走を満たしていない⑰を切り、⑤アットザシーサイドと⑩ニシケンモノノフを残します。

 

Z4(10~18番人気の馬が3着以内に来た頭数)

オッズが50倍超える馬は除外しています。

⑥セカンドテーブル
⑨キングハート
③グレイトチャーター
⑭ミッキーラブソング
⑯ラインミーティア

Z4は絞るのが非常に難しく、よく絞りすぎて失敗するゾーンです。今回はZ1からZ3まで全部2頭以下には絞れていますのでZ4で絞るのはやめて全部買います。

 

買い目

シルクロードステークス2018の買い目になります。非常に荒れるレースですのでオッズパターンを用いて買い目をだします。

 

1-1-0-1パターン

⑧-①⑮-③⑥⑨⑭⑯ 10点

 

2-0-0-1パターン

⑧-②⑬-③⑥⑨⑭⑯ 10点

 

1-1-1-0パターン

⑧-①⑮-⑤⑩ 4点

 

 

以上。シルクロードステークス2018の予想でした。

PR【三連単的中率平均40%。東京は50~70%まで飛躍】根岸S、シルクロードSの軸馬共通点

この後、根岸S、シルクロードSについてひも解いていきますが、まずは、そのひも解きに使うデータの実績をご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単勝88.9% 馬連、馬単61.1% ワイド86.1%
三連複、三連単41.7%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週1月21日(日)【中山・京都・中京】の的中実績です。
今週も京都と中京競馬場はレースがあります。
最低でも40%程の三連単的中率を持っている驚異的なデータであることは立証できています。

続いて、今週と同じ条件下でデータをだしたいので、
昨年の1月最終週【東京競馬場だけ】で絞ってみると、
2017年1月29日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単勝97.2% 馬連、馬単75% ワイド88.9%
三連複、三連単52.8%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年1月28日(土)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単勝91.7% 馬連、馬単77.8% ワイド97.2%
三連複、三連単66.7%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで上がります。東京競馬場は特に正確なデータをたたき出している証拠です。
今週はその東京競馬場で開催される「根岸S」のデータと6Rまでのデータが無料公開されるラッキーな週ですので、軸決め、三連単などの予想の参考にしてみてください。
おそらく今までの競馬予想とは違う世界を体験することになりますので、ぜひ楽しんで見てみてください。
→ 無料会員登録ページ

それでは、
■根岸S、シルクロードSのデータです。

このデータを見る通り、両レースともに優勝馬は指数1位と2位がほぼ独占。
根岸Sに至っては3年連続指数1位の馬が優勝しています。

さらに連系を狙う人の為に、各レースを過去5年まで細分化してみます。
■根岸S


【ポイント】
チェックすべき項目は、指数順位ではなく指数値32以下の馬。
4年間5着までの馬、すべて指数値32以下で決着。
万馬券だろうと15万馬券だろうと、すべて指数値32以下で5年間決着している共通点が見つかりました。
この指数は「数字が小さい方が走る馬」を示しています。
よくある他の指数は「数字が大きい方が走る馬」と示しているので間違えないようにしてください。
例)21日 中山9R 初茜賞 単勝260円、三連単10,700円的中

根岸Sの指数は日曜日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開されます。
→ 無料会員登録ページ

■シルクロードS


【ポイント】
チェックすべき項目は、指数1位~4位の馬。
人気薄の好走度が高すぎる難しいレースですが、馬連・ワイドでも十分配当が出るレース。
軸は指数1、2位馬が熱いと思いますが、相手に悩みますよね。
僕が馬券を買うなら少点数で攻めます。指数1位~4位のワイド。
そこに調教やパドック情報で自分が穴馬と思った馬が、過去好走度が高い指数7位~11位くらいまでにランクインしていたら穴馬として馬券に追加します。
そんな馬がバンバン好走しているレースがシルクロードSだと思います。
ちなみに、指数4位の馬で馬券内になったレース
2017年3着指数4位→7人気単オッズ18.6倍
2015年3着指数4位→12人気単オッズ36.7倍
と、この指数データだけでも充分に穴馬を抑える事ができているのも事実です。

シルクロードSは根岸Sより荒れて予想が難しいレースですが、このデータを参考に、ぜひ馬券を組み立ててみてください。
→ 無料会員登録ページ