こんにちは。音速の馬券師です。

2018年1月21日に開催されるアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の予想になります。過去データから馬券になる軸馬と穴馬を見つけております。

それでは予想スタートです。

PR.メルマガの案内

本ブログでは条件戦の予想にも力を入れております。その成績はこちら。
特に精度が高い軸馬「高連対馬スーパー」は抜群で先週の軸馬成績は(5.4.0.4)の成績でした。

近12週間の成績は(47.16.5.16).勝率55.9%複勝率81.0%です!

駄目な週がありません。
確実な鉄板軸馬をお探しであれば、任せてください。

精度が高い軸馬スーパーとレース予想の1部はメールマガジンでの配信になります。
軸馬以外にも有力な馬券になる情報を配信していきますで、ぜひ登録下さい!

※メールアドレス だけで登録できます。

 

1月21日も平場レース予想を行います。

厳選したレースの予想提供になります!
2017年12月28日の有料予想では1日で3連単102,230円、72,690円を始め、複数の的中を提供致しました。

1月7日8日のレースでは京都ダート予想が好調で馬単、3連単で11,230円超えの配当を数本、推奨した馬5頭のBOXでは
3連単197,370円の配当もでました。

先週も何本も万馬券を的中させています!

今年5日間での推奨5頭のレースの成績は
全34レース中で、30レースで2頭が馬券になり、7レースで3頭が馬券になっています。驚くのが推奨5頭の3連単BOXを100円ずつ購入した場合、
+189,380円の黒字です。回収率はなんと192.8%です!

複勝率7割を超える軸馬、複勝回収率150%を超える穴馬と予想オッズを利用した予想を公開致します。

20日は重馬場に苦しみましたが、21日はやや重に回復します。ご期待ください!

⇒1月21日のレース予想公開の詳細はこちらです。気になる京都ダートの推奨5頭とは?

 

人気の組み合わせと1番人気

過去10年の人気組み合わせ

AJCCの過去10年の人気組み合わせは以下の通りになっています。

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気の馬が3着以内に来た頭数
z3:7~9番人気の馬が3着以内に来た頭数
z4:10~18番人気の馬が3着以内に来た頭数

開催年 z1 z2 z3 z4 3連複
配当
2017 2 0 1 0 3,970
2016 2 0 1 0 6,350
2015 1 1 1 0 20,340
2014 1 1 0 1 52,170
2013 2 1 0 0 2,740
2012 2 1 0 0 560
2011 2 1 0 0 4,040
2010 1 1 1 0 14,110
2009 1 1 1 0 5,340
2008 1 1 1 0 24,420

荒れたり荒れなかったり配当には特徴はありません。

今年はどーなるのか、気になる人気組み合わせの狙い目に移りましょう。

 

見事なまでに連続して同じパターンが続く傾向があります。

2008年から3年連続で1-1-1-0パターンです。

2011年からは3年連続で2-1-0-0パターンです。

2016年からは2年連続で2-0-1-0パターンが続いています。

3年同じパターンが続くことが多いこのレースですので、2018年は3年目に当たる2-0-1-0パターンで間違いありません。

 

AJCC2018の人気組み合わせは

Z1-Z2-Z3-Z4:

2-0-1-0パターン

となります!

 

どうなの1番人気?

1番人気の過去10年間の成績とオッズになります。

馬名 オッズ 着順
17 ゼーヴィント 2.8 2
16 サトノラーゼン 4.4 10
15 ゴールドシップ 1.3 7
14 レッドレイヴン 3.6 4
13 ルルーシュ 2.4 7
12 ルーラーシップ 1.4 1
11 トーセンジョーダン 1.9 1
10 キャプテントゥーレ 3.3 11
9 ドリームジャーニー 3.2 8
8 ドリームパスポート 2.2 5

過去10年で3回馬券になっています

1番人気の信頼性はかなり低いです。

 

 

穴馬の条件

過去データから、5番人気以下が馬券になった特徴を分析しました。

穴馬の一覧

2017年
1着 7番人気。前走は天皇賞春で4着&上り1位

2016年
3着 7番人気。前走はジャパンカップで12着&上り1位

2015年
2着 7番人気。前走は福島記念で1着&上り3位&テン2位、前々走も上り3位

2014年
2着 11番人気 前走は中山金杯で9着&上り4位、先行馬だが前走だけ追い込み競馬をした。
3着 6番人気 前走はディセンバーSで6着&上り2位

2013年
2着 5番人気 前走は天皇賞秋で17着&上り16位、2~4走前のレースでは上り1位

 

5番人気以下で馬券になり穴をあけた馬は上り3ハロンのタイムが速い馬ばかりでした。

このレースで穴をあけるのは逃げ馬ではありません。無欲で大外強襲を狙っている追い込み馬です。

 

穴馬の条件 まとめ

AJCCで穴馬になるための条件を過去5年のデータから分析しました。条件は3つです。

  • 前走上り2位以内。
  • 2走連続上り3位以内。
  • 2,3走前の上りタイムが連続で2位以内。どちらかが1位が望ましい。
  • 2走前は先行レースで好走し、前走は追い込み競馬で上り4位以内。

 

これに該当する5番人気以下の馬はショウナンバッハ、トミケンスラーヴァになります。

 

人気馬が馬券になる条件

穴馬が来る条件が分かりましたので、次は人気馬が馬券になる条件の紹介になります。

過去5年で1~5番人気を対象に分析しました。

 

前走3着以内&2番人気以内
この条件を満たす馬の成績は(2.2.2.3)になります。時期が移動した金鯱賞組とG1組を除くと全ての馬がこの条件を満たしています。G1で凡走しても、このG2で5番人気以内の評価されることが馬券になる目安になります。5番人気以内になるということは巻き返す要因があることをさしています。

今年の予想人気5番人気以内でこの条件に該当する馬は、ゴールドアクター、ダンビュライト、ミッキースワロー、レジェンドセラーになります。

 

枠番成績

過去5年間の枠番別の成績になります。

1枠[0,1,2,6]

2枠[1,0,0,8]

3枠[1,0,0,8]

4枠[1,0,2,6]

5枠[1,2,1,6]

6枠[1,1,0,8]

7枠[0,1,0,9]

8枠[0,0,0,12]

特に成績がいいのは5枠です。8枠は全く馬券になっていません。7枠も勝馬がでていないので外枠は割引が必要です。

 

サイン

馬番連動サイン 6回連続出現中!

◎去年の中山記念2までの馬番が3着内に連動。6回連続出現中!!

中山記念         AJCC

11年:9-3-4   12年:3-4-9

12年:3-1-2   13年:3-5-4

13年:15-10-9   14年:10-2-1

14年:4-9-5   15年:12-14-9

15年:4-7-11           16年:3-11-7

16年:9-10-2           17年:8-10-1

17年:1-5-9

 

2018年 1番か5番

1番:レジェンドセラー
5番:ゴールドアクター

たった2頭にまで絞れていますので、どちらかの馬を軸に勝負できます。

 

予想印

これまでAJCCで馬券になるために有利な条件をあげてきました。それをまとめた表になります。

 

本命

⑤ゴールドアクターになります。菊花賞、菊花賞前哨戦で好成績を収めた4歳馬2頭が人気を集めていますが、実績ならこの馬で間違いありません。前走は古馬の一線級が揃うG1宝塚記念で2着でした。
長期の休み明けになりますが、この馬は休み明けがめっぽう強く(5.0.0.1)の成績になります。 以前ほど強くないと勝手思われて人気を落としているだけです。

 

対抗

③ミッキースワローになります。今回と同じ舞台である中山2200mセントライト記念を勝利していることを評価しています。ダンビュライトは賞金を補うため1600万下を使ったため、体調面でもこちらの方が上です。しかし、1番人気が全く走らないレースですので、飛ぶことも想定した馬券の組み立てをお勧め致します。

 

その他有力馬

穴馬条件を満たした②トミケンスラーヴァと⑧ショウナンバッハになります。

 

予想 まとめ

予想印

◎⑤ゴールドアクター
〇③ミッキースワロー
▲②トミケンスラーヴァ
△⑧ショウナンバッハ
△①レジェンドセラー
△⑦ダンビュライト

 

買い目

馬連
⑤-①②③⑦⑧

3連複
⑤-②③⑧-①②③⑦⑧

 

オッズパターンで買目を絞る

2-0-1-0パターン
⑤-③⑦-②

以上。アメリカジョッキークラブカップ2018(AJCC)の予想でした。

PR.【枠順確定】馬券になる馬をさらに絞り込む。アメリカJCC(G2)、東海S(G2)

先に枠順確定前の検証結果を。
■中山11R アメリカJCC(G2)
→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内

■中京11R 東海S(G2)
→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内

そして枠順確定後の絞り込み。
■中山11R アメリカJCC(G2)
前走中山金杯4着のブラックバゴが回避。
過去結果を見ると単オッズ10倍台馬の優勝が目立つ。
このブラックバゴも枠順確定前の想定オッズでは10倍台の馬だった。
つまり、馬券になる可能性のある馬が1頭減り予想がしやすくなった。
昨年2017年の着順結果とこの指数予想を照らし合わせると、
着順結果1~5位=指数予想6ー1ー2ー7ー3位。
さらに2016年、2015年の馬券は指数順位6、7位の入線あり。

つまり馬券になる可能性が高いのは、

「指数1、2、3位中2頭+指数6、7位の馬」
と見る。
単オッズ10倍台の馬が優勝すれば、2014年にあった3連単16万馬券も夢じゃない。

アメリカJCC、日曜日昼、北条のブログにて指数無料公開決定
→ 無料会員登録ページ

■中京11R 東海S(G2)
予定通りアポロケンタッキーの回避、川崎記念行き決定。
という事は、2018年東海Sはテイエムジンソク1強。
おそらくこの指数もテイエムジンソクは1位予想となるだろう。
指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内
つまり「指数1、4位予想馬は熱い。」

3頭目は難しい。

もしもテイエムジンソクを指数1位と予想しなかった場合、その1位は謎の脅威馬となる。

無難に3連単が万馬券程度の決着なら指数2、3位馬が馬券に絡むだろう。
3連単フォーメーション1着1頭相手3頭や1着2頭にして6~12点。
3連単4頭BOX24点など。

指数1~4位馬をチェックし、馬券組み立ての参考にしてみてください。
→ 無料会員登録ページ