フェブラリーステークス

1番人気が馬券にならない条件

  • 初ダート:カレンブラックヒルが該当
  • 前走JCダート(現チャンピオンカップ)G1で単勝2倍以下の人気で1着:トランセンド12年が該当

テイエムジンソクもゴールドドリームをこれに該当しないのでどちらが1番人気であっても馬券になります。

テイエムジンソクみたいに、チャンピオンカップあとに重賞を使って馬券になった馬もいます。ゴールドドリームみたいに、チャンピオンカップから直行して馬券になった馬もいます。

1番人気以外まで条件を広げてみると、テイエムジンソクが初の1600mになりますが、1600mを経験したことがない馬で馬券になった馬はいませんでした。しかし1番人気でこの条件で走った馬はいませんでしたので、1番人気に支持されるぐら実績がある馬であれば克服されても不思議はありません。

 

 

前走:東海ステークス

東海ステークス組の全頭成績は(1,1,1,7)です。

3着内の条件はこうなってます。

1着もしくは3着以内&3番人気以内を満たす馬。

これを満たす馬の成績は(1.1.1.4)です。

テイエムジンソクはこの条件を満たしています。

さらに東海スーテクス組で馬券になった全頭が満たす条件を調べると、全頭上りタイムが2位以内でした。

テイエムジンソクは上り3ハロンタイムが5位でしたのでこの条件を満たしていません。

間違いなく危険な人気馬です。

逃げ馬だからしょうがないという意見もあるかもしれませんが、コパノリッキーは4角先頭でしたが、上り3ハロンタイムは2位でした。

 

 

ダイヤモンドステークス

正逆サイン 10回連続出現中!

◎ダイヤモンドSは正逆16,19が、3着以内。10回連続出現中!!

2008年 ダイヤモンドS(14頭)
正値-逆値
1着.08 – 07
2着.01 – 14
3着.13 – 02→ 逆16

2009年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.09 – 08
2着.14 – 03→ 逆19
3着.11 – 06

2010年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.13 – 04
2着.01 – 16→ 逆16
3着.02 – 15

2011年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.04 – 13
2着.07 – 10
3着.14 – 03→ 逆19

2012年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.05 – 12
2着.16 – 01→ 正16
3着.07 – 10

2013年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.15 – 02
2着.06 – 11
3着.16 – 01→ 正16

2014年 ダイヤモンドS(11頭)
正値-逆値
1着.01 – 11
2着.04 – 08→ 逆19
3着.10 – 02

2015年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.16 – 01→ 正16
2着.15 – 02
3着.07 – 10

2016年 ダイヤモンドS(16頭)
正値-逆値
1着.10 – 07
2着.16 – 01→ 正16
3着.03 – 14→ 正19

2017年 ダイヤモンドS(15頭)
正値-逆値
1着.12 – 04→ 逆19
2着.04 – 12→ 正19
3着.08 – 08

2018年 ダイヤモンドS(14頭)

正16:②
逆16:⑬
正19:⑤
逆19:⑩